動物取扱業登録申請/ペット業開業サポート/大塚法務行政書士事務所/東京都

動物取扱業登録申請

動物取扱業登録申請

 

動物取扱業登録サポートお問合せ

動物取扱業登録サポート

第一種動物取扱業登録サポート費用になります。
動物取扱業登録サポート
※交通費郵便費等は別途ご請求させて頂きます。
※複雑な案件特別な案件につきましては、別途費用が発生する場合があります。
※遠隔地の場合には日当をご請求させて頂く場合があります。

業務の種別について

第一種動物取扱業の対象動物の範囲は、哺乳類、鳥類、爬虫類に限定されております。
業務の種別については、販売、保管、貸出し、 訓練、 展示、競りあっせん、譲受飼養の7種類となります。
詳細につきましては下記をご参照ください。

種別

業の内容

該当する業者の例

販売 動物の小売及び卸売り並びにそれらを目的とした繁殖又は輸出入を行う業( その取次ぎ又は代理を含む ) 小売業者、卸売業者、販売目的の繁殖又は輸入を行う業者、露天等における販売のための動物の飼養業者、飼養施設を持たないインターネット等による通信販売業者
保管 保管を目的に顧客の動物を預かる業 ペットホテル業者、美容業者( 動物を預かる場合 )、ペットのシッター
貸出し 愛玩、撮影、繁殖その他の目的で動物を貸し出す業 ペットレンタル業者、映画等のタレント、撮影モデル、繁殖用等の動物派遣業者
訓練 顧客の動物を預かり訓練を行う業 動物の訓練・調教業者(出張も含む)
展示 動物を見せる業( 動物とのふれあいの提供を含む ) 動物園、水族館、動物ふれあいテーマパーク、移動動物園、動物サーカス、乗馬施設・アニマルセラピー業者( 「ふれあい」を目的とする場合 )
競りあっせん 動物の売買をしようとする者のあっせんを行う業 会場を設けてのペットオークション
譲受飼養 動物を譲り受けて飼養する業 老犬ホーム、老猫ホーム

必要事項について

第一種動物取扱業の登録申請につきましては、まず動物取扱責任者が必要となります。
動物取扱責任者になるには、下記の条件のいずれかを満たす必要があります。

 

@ 営もうとする第一種動物取扱業の種別ごとに半年以上の実務経験があること。
A 営もうとする第一種動物取扱業の種別に係る知識及び技術について
一年間以上教育する学校法人その他の教育機関を卒業していること。
B 公平性及び専門性を持った団体が行う客観的な試験によって、営もうとする
第一種動物取扱業の種別に係る知識及び技術を習得していることの証明を得ていること。

 

申請時に提出する書類については、下記をご参照下さい。

書類名

販売

保管

貸出し

訓練

展示

競りあっせん

譲受飼養

第一種動物取扱業登録申請書

第一種動物取扱業の実施の方法

 

       

「動物の愛護及び管理に関する法律」第12条第1項第1号から第6号までに該当しないことを示す書類

( 飼養施設を有する場合 )

飼養施設の平面図及び飼養施設の付近の見取図

( 申請者が法人の場合 )

登記事項証明書

役員の氏名及び住所

事業所及び飼養施設の土地及び建物について事業の実施に必要な権原を有することを示す書類

動物取扱責任者研修の修了証の写し

犬猫等健康安全計画

(犬猫等販売業者に限る)

 

 

 

 

 

 

第一種動物取扱業登録申請までの流れ

第一種動物取扱業登録申請までの流れ

お問合せ

第一種動物取扱業登録申請サポートお問合せ


HOME 事務所案内 ご利用料金 お問合せ