ペットと病院のトラブル/ペット業開業サポート/大塚法務行政書士事務所/東京都

ペットと病院のトラブル

ペットと病院のトラブル"

犬や猫のペットも歳とともに病気もいろいろ出てきます。

 

飼い主としては、やはり心配で病院に連れて行くことになりますが、場合により病院で手術となる場合もあります。

 

手術と言われた場合に、こちらとしては、お願いするしかない訳ですが、その際に、手術の同意書に署名を求められます。

 

そして文面に病院側は一切責任を負わないとの内容が書かれている場合があります。

 

本当にそうなのでしょうか?

 

実際の問題として、手術前では、病院側にどのような過失が発生するかも分からず、そのような段階で、損害賠償請求権をすべて
放棄するということは、不当になると思われます。

 

さらに、消費者契約法は、今回のような獣医師と飼い主の場合にも適用されます。

 

消費者契約法では、事業者と消費者の専門知識、情報量、交渉力の差を考慮し、事業者と消費者の契約において、消費者の損害賠償の責任を免除する条項は無効となっています。

 

つまり、一切責任を負わないと書いてあったとしても、そのようなことはなく、状況により責任追求できるということになります。

ペット業開業サポート お問合せ

【ペット業開業サポート お問合せ】

 

ペット業開業サポートのお問合せ

お気軽にお問合せ下さい。初回相談無料!!
【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】

ペット業開業サポートのお問合せ電話

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】

 

ペット業開業サポートのメールお問合せ

メールお問合せはこちら→

 

ペット業開業サポートのスマートホンお問合せ

スマホお問合せはこちら→


HOME 事務所案内 ご利用料金 お問合せ