捨て犬と迷子の犬は飼えるのか?/ペット業開業サポート/大塚法務行政書士事務所/東京都

捨て犬と迷子の犬は飼えるのか?

捨て犬と迷子の犬は飼えるのか?"

捨て犬は、飼ってもいいのでしょうか?

 

これは、特に問題ないと思われます。
なぜなら前の飼い主が、所有権を放棄しているからです。

 

ただし、飼い主になるなら、それなりの義務が
発生しますので、注意しましょう。

 

例えば、狂犬病の予防注射などが当てはまります。
けれど飼うことじたいは、通常の飼い主の義務を
果たせば大丈夫と思われます。

 

ちょっと違うのは、迷子の犬です。

 

可愛い犬が迷子になっていたとしますが
この場合は勝手に連れて帰っては、いけません。

 

この違いわかりますか?

 

前者の場合は、所有権を放棄されていますが、
後者の場合は、まだ飼い主のものですね。

 

動物は日本の法律では物として扱われますので、
他人の落とし物を勝手に持って帰っては、いけないのは同じですね。

 

最悪の場合は、損害賠償請求や窃盗罪叉は、
占有離脱物横領罪などに問われる可能性もあります。
この場合は、警察叉は各自治体の動物愛護相談センタ−に相談しましょう。

 

場合によっては、連れて帰って飼い主があらわれるまで、
面倒を見ることができるかもしれませし、
届出後に一定期間が経過すれば、晴れてあなたの可愛いペットとなります。

 

それなら、両者の違いはどこで判断するのかと言うと、
首輪や汚れ具合などになりますが、
判断が着かない場合は、やはり届けておくのが賢明に思われます。

 

ちなみに、飼い犬や飼い猫を捨てた場合は、
動物愛護管理法では、
五十万円以下の罰金に処すると明記されています。

お問合せ

お問合せ


HOME 事務所案内 ご利用料金 お問合せ