ペットと人のトラブル/ペット業開業サポート/大塚法務行政書士事務所/東京都

ペットと人のトラブル

ペットと人のトラブル"

ペットが人に噛みついたら状況によりますが、相手に対し損害賠償をする必要があります。

 

しかし、現在の法律では、それだけではありません。

 

注意したいのは、例えば、飼い犬が散歩中に他人に向かって走っていった場合、仮にその人が動物嫌いで、犬に対して驚き転倒してケガをした場合も飼い主の管理責任を問われる確率が非常に高くなります。

 

実際にこの様な話しは、現実に発生しています。

 

つまり法律では、この様に飼い主の管理責任が重要視されています。

 

これは、動物を取り扱う事業者にも当てはまりますので注意が必要です。

 

ペット同士の事故の場合は、賠償額が高額にならないケ−スが多いですが、相手が人の場合では、過失割合やケガの状況により病院代金や休業保証等の高額な賠償を請求されるケースがあります。

 

これは、特別な話しではなく、犬を飼っている方には、おこる可能性ある話になります。

 

ですので、多少お金がかかってもペットのしつけ教室や損害保険に加入しておくなど、もしもの時の為に、備えておくのが良いのではないでしょうか?

 

特に大型犬などは、力も強いのでより注意が必要です。

 

世の中の人がすべて動物好きというわけでありませんので、きちんと管理した飼育をする必要があります。

ペット業開業サポート お問合せ

【ペット業開業サポート お問合せ】

 

ペット業開業サポートのお問合せ

お気軽にお問合せ下さい。初回相談無料!!
【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】

ペット業開業サポートのお問合せ電話

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】

 

ペット業開業サポートのメールお問合せ

メールお問合せはこちら→

 

ペット業開業サポートのスマートホンお問合せ

スマホお問合せはこちら→


HOME 事務所案内 ご利用料金 お問合せ