ペットが人を噛んでしまったら/ペット業開業サポート/大塚法務行政書士事務所/東京都

ペットが人を噛んでしまったら

ペットが人を噛んでしまったら"

飼い犬が人を噛んでしまったら、どうすれば良いでしょうか?

 

もちろん相手方に対して損害賠償等を行う必要もありますが、それに伴い義務として飼い主がしなければならない事があります。

 

ペットには、動物愛護管理法という法律がありますが、さらに具体的に明記したものが、各自治体が定めた通称ペット条例になります。

 

そこには、どのようなことが書かれているでしょうか?

 

東京都の場合では、飼い犬が人に噛みついた場合には、飼い主は24時間以内に東京都に届け出を行い、48時間以内に狂犬病に関して獣医さんに診てもらうこと等、定められています。

 

当然、これらの義務を行わない場合には、科料、拘留、罰金などに問われますので、注意が必要です。

 

さらに、一度、人を噛んでしまった犬は、地震や火事で犬が逃げださないような措置を講じて置くことと書かれています。

 

また東京都都知事は、飼い犬が人の生命、身体、財産を侵害したとき叉はする恐れがあるときは、もっとも重い場合は、殺処分を命ずることができますし、従わないと一年以下の懲役叉は三十万以下の罰金となります。

 

しかし、ここまでいく例はめずらしく、ほとんど無いと思われますが、このような命令も出来るということを、頭の片隅に入れておくべきかと思います。

ペット業開業サポート お問合せ

【ペット業開業サポート お問合せ】

 

ペット業開業サポートのお問合せ

お気軽にお問合せ下さい。初回相談無料!!
【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】

ペット業開業サポートのお問合せ電話

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】

 

ペット業開業サポートのメールお問合せ

メールお問合せはこちら→

 

ペット業開業サポートのスマートホンお問合せ

スマホお問合せはこちら→


HOME 事務所案内 ご利用料金 お問合せ