ペットに相続するには?/ペット業開業サポート/大塚法務行政書士事務所/東京都

ペットに相続するには?

ペットに相続するには?

もし自分がいなくなったらペットは
どうなるかと心配に思うことはありませんか?

 

その後面倒を見てくれる家族の方はいますか?

 

もしそのような方がいない場合に
遺言でペットに財産を残そうと思う方も
いるかと思いますが
法律的には、無効となってしまいます。

 

なぜなら動物は、法律上では物として
扱われるからです。
テレビや冷蔵庫と同じ扱いとなっているのです。

 

ペットを飼われている方からすると、
ずいぶんひどい話だと思われるでしょうが
現在の日本の法律ではその様になっていますので
直接、遺言でペット宛てに相続することはできません。

 

ならばどうすればよいか?
となりますが、それに近い方法ならあります。

 

しかしそれには、信用できる身内の方や
友人が必要となります。

 

方法としましては
@贈与による契約(負担付き死因贈与契約)
A遺言書(遺贈)
となります。

 

@は自身が亡くなった時には、
財産を一部又は全部、贈与する代わりに
ペットの面倒を見てくださいとの契約を
生前にしておくことです。

 

Aは、亡くなった時には、友人や知人が
ペットの面倒を見てくれる代わりに
財産を譲りますという内容を遺言書に
書いておくことです。

 

その他には、体調や病気などで
飼えなくなってしまった場合には
負担付き生前贈与契約という方法もあります。

 

上記の方法は、現在ペットに財産を残す方法として
最善のものであると思いもいますが
注意しなければいけないのは
自身が亡くなった後に、本当に
面倒を見てくれるのか?ということです。

 

これらの問題は、やはり生前に、信頼できる友人、知人を
作っておくことが大切になります。

 

ペットの世話人がしっかりと見てくれていなくても
自身は亡くなっているわけですから
確認はできません。

 

その場合、相続人が確認し契約の取り消しとをする
ことになりますが、そこまで実行してくれるのか?
という問題が残ります。

 

ただし、ペットに財産を残す方法としては、
最善の方法と思われます。
面倒を見てくれそうな知人や友人に
一度お話し、確認して見たら如何でしょうか?

 

 

突然一匹になったペットがどのようになるか?
また、どのようにしておくことが良いのか?
家族の一員として考えてあげて下さい。

お問合せ

お問合せ


HOME 事務所案内 ご利用料金 お問合せ