ペットとペットのトラブル/ペット業開業サポート/大塚法務行政書士事務所/東京都

ペットとペットのトラブル

ペットとペットのトラブル"

ドッグランなどで、大型犬に自分の飼い犬が
ケガを負わされたケ−スなど
飼い犬同士のトラブルが多くなっております。

 

その様な時は、どうすればよいか?
もし、被害にあったら少なくとも
相手の名前や連絡先を聞いておくべきです。
それがないと病院代金など請求出来ません。

 

そして、早い段階で話し合いをしておくべきだと思います。
時間があまり立ってしまうと
加害意識も気薄になりますし、飼い犬の具合が
悪くなった原因を特定するのも困難になってきます。

 

ですので、その場では、厳しいかもしれませんが
あまり感情的にならずに、治療費など
請求の話し合いをしておきましょう。

 

この際には、後でトラブルにならないように
書面で交わすことをお薦めいたします。

 

相手がもし納得せずに、示談ができない時は、
弁護士などに依頼し最悪、裁判等になりますが
ひとつ注意することがあります。

 

最近の裁判では、変わってきている傾向も見られますが、
ペットは法律上=物として扱われてしまうので
損害賠償請求額は、ペットの購入価格を超えない範囲
となっている凡例が多くあります。

 

過失割合にもよりますが、3万〜5万円ぐらいが
多いように思います。

 

しかし最近では、飼い犬の苦痛を考慮し
60万円程度認めた例もあります。

 

これは、動物関係(犬)の裁判では
かなり高額で特別な例です。

 

ですから、もし話し合いができず
トラブルになりそうな時は、どこかで妥協するのか?
金額に構わず相手を懲らしめたいのか?
その辺の決断が必要になると思います。

 

尚、現実問題としては
そこまでになるケースは少なく
話し合いなどで解決されるケースが多くあります。
内容証明郵便なども争いを避けるのにひとつの手段となります。

 

※最近の場合はペットに対する賠償額が上がってきております。
従って弁護士等の第三者を入れて早期に解決を図ることも
有効な手段かと思います。

お問合せ

お問合せ


HOME 事務所案内 ご利用料金 お問合せ