ペットカフェ/ペット業開業サポート

ペットカフェ(ドックカフェ、猫カフェなど)

【ペットカフェの開業を考えられている方へ】
ペットカフェ

 

 

ペットカフェを営業する場合には、食品営業許可が必要となります。

 

●料理を提供する場合=飲食店営業許可
●飲物と簡単な菓子類の提供=喫茶店営業許可
●他に菓子類等の販売=食品製造業許可
●ペットを預かる場合=動物取扱業の登録

 

【ペット業開業サポート お問合せ】

 

ペット業開業サポートのお問合せ

お気軽にお問合せ下さい。初回相談無料!!
【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】

ペット業開業サポートのお問合せ電話

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】

 

ペット業開業サポートのメールお問合せ

メールお問合せはこちら→

 

ペット業開業サポートのスマートホンお問合せ

スマホお問合せはこちら→

食品営業、製造許可申請サポート

食品営業許可、製造許可申請サポート費用になります。

【食品営業許可申請サポート】

 

≪事前相談≫ ≪書類作成≫ ≪手続代行≫

 


料金 ¥42,000(税別)
+法定費用 例:東京都 飲食店営業¥18,300/喫茶店営業¥11,500

 

 

【食品製造業許可申請サポート】

 

≪事前相談≫ ≪書類作成≫ ≪手続代行≫

 


料金 ¥56,000(税別)
+法定費用 例:東京都 菓子製造業¥168,300/喫茶店営業¥11,500

 

※交通費郵便費等は別途ご請求させて頂きます。
※複雑、特別な案件につきましては、別途費用が発生する場合があります。
※遠隔地の場合には日当をご請求させて頂く場合があります。

動物取扱業登録申請

動物取扱業登録申請について詳しくはこちらをご覧ください。

【動物取扱業登録申請】動物取扱業登録申請

ペットビジネスを始めるには第一種動物取扱業
登録が必要になります。(販売、貸出、保管など)

 

<動物取扱業登録申請へ→>

ペットカフェを始めるには

ペットカフェを始めるには

ペットカフェを始めるには、飲食店営業又は喫茶店営業の申請をする必要があります。

 

申請先は、所轄の保健所となります。その他、食品衛生責任者の資格を持つ方も必要です。

 

≪ドックカフェについて≫
お客様からペットを預かる場合は、第一種動物取扱業の保管に該当しますので、動物取扱業の登録が必要になります。

 

又、ご自身が飼われているペットを看板犬として置く場合には展示となりますので、こちらも動物取扱業の登録が必要になります。(東京都動物愛護相談センターに確認済)

 

≪猫カフェについて≫
経営者の方がペット(猫)を飼育され、お客様に可愛がってもらう場合には、第一種動物取扱業の展示に該当します。従って第一種動物取扱業の登録が必要になります。

 

尚、登録には、動物取扱責任者が必要となります。ペット関連の仕事に着かれていたか、指定されている学校等を卒業していることが要件となっております。

 

上記の様な、経験、学歴等がない場合は、指定されている動物関連の資格等の取得が必要となりますので、開業に合わせてご自身の資格等の確認をよく確認することが大切です。

 

≪その他≫

食品衛生責任者も必要となりますが、こちらは、講習等に参加して、食品衛生責任者となることになります。

ペット業開業サポート お問合せ

【ペット業開業サポート お問合せ】

 

ペット業開業サポートのお問合せ

お気軽にお問合せ下さい。初回相談無料!!
【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】

ペット業開業サポートのお問合せ電話

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】

 

ペット業開業サポートのメールお問合せ

メールお問合せはこちら→

 

ペット業開業サポートのスマートホンお問合せ

スマホお問合せはこちら→


HOME 事務所案内 ご利用料金 お問合せ